継続課金ビジネスで離脱率を低くする決済方法とは

継続課金ビジネスにおいて、大切なのは新規ユーザーを獲得し続け、さらに利用者の離脱率を低くすることにあります。ユーザビリティを無視した継続課金ビジネスは離脱率が高く、徐々にビジネスが失速してしまう要因となります。離脱率を低くするポイントとして、継続課金ビジネスの決済方法について考えてみましょう。

1.銀行利用は旧時代的
継続課金ビジネスといっても様々な形態のものがあります。定期的に商品やサービスを届けるものでは、いまだに銀行振り込みや銀行引き落としを進めていることも少なくありません。しかし平日昼間に仕事をしている方にとっては、銀行の窓口で毎月引き落としのための口座振替手続きを行うのは困難を極めます。ここで離脱してしまいそもそも加入しないというユーザーがいることを忘れないようにしましょう。「ITが経理コストを大幅削減?その可能性は想像以上のインパクト!」も参考になります。

2.コンビニ払いは未回収のリスクがある
ユーザーにとって選びやすい後払いのコンビニ払いですが、実際にコンビニに行って支払いをするのは面倒と感じてしまい、結果入金が遅れてしまうことがあります。自分で申し込んだとしても、毎月届くコンビニ支払いの用紙にうんざり、というユーザーもいますので、一見便利なコンビニ払いもこのようなリスクがあることを覚えておきましょう。

3.おすすめなのはクレジットカード決済
最もおすすめなのはクレジットカード決済です。クレジットカード決済にすると、ユーザーは支払いの意識が薄くなることで継続課金から離脱する確率も低くなります。企業側も、決済代行会社のサービスを導入することで、クレジットカード決済による継続課金ビジネスをどんどん拡大していくことができるでしょう。業務負担を気にせずユーザーを増やし、利益幅を広げていきましょう。