こんな課金ビジネスは失敗する!注意したい3つのポイント

コストをかけずに安定したビジネスを叶えてくれる継続課金にも、実はいくつかの落とし穴があります。事業計画をおざなりにして折角の継続課金を失敗させてしまう、こんなことにならないよう慎重に課金ビジネスを進めていきましょう。

課金ビジネスの注意点1.ペルソナを見誤るな!
課金ビジネスではニーズの高さが成功のカギを握ります。問題は、そのニーズがどこに埋もれているのかを発掘しなければいけないということです。当たり障りのないサービスでは、すでに課金ビジネスは飽和状態になっているためリピーターをうまくキャッチできません。展開したいサービスを利用するのはどんな性別、年代、ライフスタイルを送る人なのか、徹底的に洗い出しましょう。

継続課金ビジネスの注意点2.柔軟さはあるのか
継続課金ビジネスでは、常に新しいサービスの展開を求められます。いつまでも同じサービスでは、新しいサービスを展開する競合他社にユーザーを奪われかねません。そこで継続課金ビジネスには常にサービスに付加価値を付けられる柔軟さが必要です。鉄板なのは初月に基本パックを送り、翌月からは毎月異なるオプション品を販売するといったサービスです。自分の事業にはどうやって付加価値をつけていけるのかある程度アイディアをまとめてから始めましょう。

継続課金ビジネスの注意点3.決済方法が重要
サービス購入の意思を持った人でも、最終的な決済方法が使いにくい物であると購買意欲を失います。決済方法は継続課金ビジネスにとって肝となる部分です。課金のタイミングが柔軟であるのか、支払い方法は選びやすい物がそろっているのか、決済について妥協してはいけません。最後までユーザーのことを考え、ビジネスを加速度的に発展させたいのであれば、継続課金システムを容易に導入できる決済代行会社の利用を検討しましょう。
参考サイト:請求書・見積書管理にクラウドを導入した方がいい5つの理由とは?