知っているようで知らない継続課金ビジネスの種類を紹介

これから長くビジネスを続けていきたい経営者の方は、継続課金ビジネスの導入を一度は考えたことがあるでしょう。継続課金ビジネスにはいくつもの種類があり、「うちではできないかも」とあきらめていた企業でも、継続課金ビジネスを展開できる可能性があります。「終わらない消し込み作業にうんざり!解放してくれるのはズバリ「自動化」」もチェックしておきましょう。

・定番はコンテンツ配信
IT関連企業やメディア運営を行う企業では、コンテンツ配信による継続課金が定番です。毎月課金だけではなく都度課金も導入し、上手に利益を上げていきましょう。

・定額レンタルサービス
映画や音楽だけではなく、ファッションから宝飾品、アウトドア用品など、毎月一定の金額を支払うことでレンタルできるサービスです。最近では特に女性のファッションで盛んですね。

・一定の消費がある商品の定期宅配
野菜のセットなどもそうですが、食器用スポンジや洗濯用洗剤など、毎月一定の消費がある商品の定期宅配も人気です。宅食サービスやお酒の定期購入も需要があります。

・ソフトウェア
会社で利用するofficeやAdobeのソフトも今や継続課金になっています。これに倣い、新しいソフトウェアを開発した企業は、同じように継続課金での販売がおすすめです。

こうしてみると、様々な業種で継続課金ビジネスが可能であることがわかります。小さなクリーニング店でも、毎月定額でワイシャツクリーニングし放題など、アイディア次第で新しいビジネスを生み出せるでしょう。