継続課金ビジネスは決済代行で劇的に効率化する

継続課金ビジネスのアイディアは浮かんだけれど、まだまだ実行段階に移せないとお悩みではありませんか?実行できないその理由は、業務が複雑化してしまったり、思った以上にコストがかかりすぎてしまうといった懸念があるからではないでしょうか。そんな継続課金ビジネスにおける悩みを解決してくれるのは、取引先でも銀行でもなく、決済代行会社かもしれません。

継続課金ビジネスと決済代行システムはとても相性がよく、決済代行会社の利用を検討しているのなら、新しく継続課金事業の展開も考えておくべきです。
決済代行会社を利用することで、決済手段が豊富になり経理業務が驚くほど効率化されるほか、営業部門においても積極的な活動が可能になります。

中小企業においては、営業部門が請求業務を一部負担していることは珍しくありません。なぜならば、少ない経理担当職員だけではそこまでの業務を負担することができないからです。とはいえ、営業部門も暇ではありません。請求業務の一部を負担することによって、新規顧客開拓を月に数件逃している会社もあるでしょう。

しかし決済代行会社に決済業務を任せることができれば、「10年後に経理部消滅?経理業務自動化の波の現実を見よ!」にあるように、経理担当の業務は減り、今まで営業担当に一部負担してもらっていた業務も経理だけで処理できるようになります。営業担当はその分のリソースを新規顧客開拓に回すことができますし、豊富な決済手段をもって強気の営業も行えるようになるでしょう。

目先のコストカットよりも、長い目で見た企業利益を追求していくのであれば、継続課金ビジネスと決済代行会社、両方同時に導入することをお勧めします。