継続課金ビジネスで決済代行を導入した事例

継続課金ビジネスの成功の裏には決済代行会社あり!といっても過言ではないほど、継続課金ビジネスを成功させている会社は決済代行を導入しています。どのような業種の方が決済代行会社を利用しているのか、その事例を見てみましょう。

1.キッズスクール
子供向けプログラミングスクールを行っている某社では、クレジットカード決済と顧客データ管理を目的として決済代行会社の利用を始めました。学習塾やこういったスクールは典型的な継続課金ビジネスですが、自社でクレジットカード決済を導入しようと思っても、カード会社の審査が通らないことも多く、ビジネスを加速させられないことが多々あります。

しかし決済代行会社を最初から導入しておけば、クレジットカード導入には審査の必要がなく、さらに課金開始がスピーディになるでしょう。この先の日本を担う子どもたちの情報も、決済代行会社が高セキュリティ下でデータ管理してくれます。

2.出版社が始めた継続課金ビジネス
出版不況と言われる中で、出版社も継続課金ビジネスには大きな期待をよせているようです。大手出版社の某社では、継続課金によるコンテンツ配信を実施、さらに決済代行会社も利用しクレジットカード決済とキャリア決済による継続課金ビジネスを展開しています。
参考「革新的なクラウド会計!経理の現場に起こる変化とは?

中小企業も大手企業も、継続課金ビジネスをおこなうなら決済代行会社を利用するというのは共通なんですね。