どうやって導入する?魅力的な継続課金ビジネスを展開するヒント

継続課金ビジネスというと難しい印象もあるかもしれませんが、仕組みはとても簡単です。新規顧客を毎月得なくても利益を上げることができるのが継続課金ビジネスの醍醐味ですが、どのように事業展開していけばいいのかわからない方も多いでしょう。魅力的な継続課金ビジネスを行い、利益を安定させるためのヒントについて紹介します。「【次世代の収益モデル】リカーリングとは?仕組みからメリットまで解説」もあわせて読むと理解が深まります。

・新規顧客に頼るのは継続課金ビジネスのうまみをいかしきれていない
せっかくの継続課金ビジネスも、新規顧客頼みでは意味がありません。既定の顧客からの利益で会社の基礎を回して行けるように価格設定をしなければ、遅くないうちにその事業は破綻してしまうでしょう。リピーターを逃さないためには、ユーザーを囲い込むことが大切です。サロンや協会を設立して会費を徴収するビジネスは成功しやすい例です。

・継続課金と抱き合わせ
こちらも新規顧客ではなく既存客から料金を徴収するビジネスモデルになります。例えばフィットネスジムを月額会費で運営し、抱き合わせとしてジムが開発した独自のサプリメントに月額課金してもらう、オプションでジム内にあるマッサージを月額使用料プラス5,000円で利用できるようにするといった方法です。利益だけではなく顧客満足度を上げることもできるでしょう。

顧客にとっても魅力的な商品・サービスを継続的に販売することができれば、継続課金ビジネスはおのずと成功します。利用者が増えて管理が面倒にならないよう、継続課金ビジネスと合わせて決済代行会社は利用しておきたいものです。顧客データの管理もできる決済代行サービスなら、マーケティングも容易になりさらに事業を発展させるカギとなってくれるでしょう。