課金周期の選択肢が増える!決済代行サービスがビジネスを加速させる

初めに読みたい→オフラインVSオンライン!どっちの請求書が優秀?
継続課金ビジネスと決済代行会社、この二つを取り入れるのであれば、必ず「課金周期の選択肢が多い」決済代行会社を選びましょう。会社によっては、課金周期が毎月しか選べないもの、毎月と半年しか選べないものなどがありますが、課金周期の選択肢がおおい会社では毎週、隔週、毎月、隔月、3か月、半年、1年と、さまざまな課金周期に対応しています。

課金周期の選択肢が多いと、どのような面で優れているのでしょうか?例えば毎月ワンコイン以下の少額課金サービスであれば、年払いや半年払いがいいというユーザーも多くいます。まとめ払いは少し割り引くなどすると、多くの人が課金周期の長いものを選ぶでしょう。

逆に、高額なものはこまかく課金したいというユーザーも多くいます。年払いだと何万もしてしまうようなサービスなら、毎月支払ったほうが負担を軽く感じるからです。

このように、サービスの特徴と価格に合わせて課金周期を決めたほうが多くのユーザーを取り込めるでしょう。どんなサービスでも毎月課金しか選べないのであれば、離脱率も上がってしまいます。現在展開しているサービス以外に、軌道に乗ればさらなるサービス展開を考えている、という企業の場合には、課金周期の選択肢が多い決済代行会社にしておくべきです。