継続課金と決済代行は同時導入がおすすめ

会社を立ち上げたばかりでお金がない!だから余計なものにお金をかけている余裕はない!本当にそうでしょうか?事業を行う上で必要経費は多々ありますが、継続課金ビジネスにおける必要経費は決済代行会社の利用料金がそれにあたるでしょう。とはいえ、ビジネスが波に乗るまではなるべくお金をかけたくないという気持ちもわかります。そこで今回は、継続課金ビジネスで決済代行を導入しなかったときにはどのようなリスクが考えられるのか見ていきましょう。

・立ち上げ時はメンバーが少ないことを忘れていませんか?
事業の立ち上げ、何人で行いますか?大抵は少数から始め、社員はほとんどなし!というベンチャーも珍しくありません。そんな中で、事業をすすめ、営業を行い、サービスを提供し、代金を回収、入金管理を行う。本当にそれ、すべて自分たちでできるのでしょうか。忙しさのあまり、入金管理がおろそかになったり、請求漏れといったリスクが考えられます。

・経理担当者を雇うことと決済代行サービスを導入すること
この2つ、同じようなことに感じますが決定的な違いがあります。前者はヒューマンエラーを起こすリスクを抱えていますし、1人でできる仕事量には限界があります、しかし後者は1つのサービスの中に多くのシステムと人的リソースが投入されており、セキュリティも万全です。

・簡単便利にクレジットカード決済&継続課金を叶える決済代行会社
このように比べてみると、一瞬でクレジットカード決済を導入でき、リスクもなく業務負担も大きく軽減してくれる決済代行会社を利用しない手はないですよね。社員を一人雇うより、決済代行サービスにコストをかけるほうが圧倒的に効率化できます。「決済代行会社とは?メリットとデメリットもやさしく解説!」を参考にしてみて下さい。