継続課金ビジネスはデビットカードも使える?

クレジットカードとデビットカードを混同している人も多いようですが、この二つには明確な違いがあります。クレジットカードを利用すると、請求は翌月または翌々月になり、支払いはその先まで持ち越されます。デビットカードの場合、支払いにカードを利用すると即座に銀行口座から現金が引き落とされます。

デビットカードが優れている点は、わざわざ銀行口座から現金を引き出さなくても利用できること、支払いが持ち越されないため家計管理がしやすいことにあります。デビットカードは継続課金や月額支払いにも利用できますが、クレジットカードとは異なり口座残高不足で引き落とせないことも多々あります。

ビジネスモデルとしてチェックしてほしい!
おしゃれな部屋に住みたい!一人暮らしの賃貸デザイナーズ物件」はこちらから。

継続課金ビジネスを展開する企業から見ると、デビットカードは未回収リスクが高く、あまりお勧めできません。やはり導入するべきはクレジットカード決済であると言えるでしょう。クレジットカード決済を手間なく導入したいときには、決済代行会社の利用を検討してみましょう。代金の請求、入金管理はもちろん、未回収金があれば督促まで行ってもらえる決済代行会社がおすすめです。決済代行会社の利用で情報がわかりやすく整理され、売上管理も楽になるでしょう。